願いを浮かべた夜空を
見上げれば ほら
そっと忍び込む
蒼い月明り

求めるように手を延べて
あの日失った君の身体を抱きしめよう

この魂に境界線は無い