眠れぬ夜に月は唄う

いつも輝く貴方は
私の神です
貴方のその美しさ
気高き姿を
いつも見つめていたのです

貴方は太陽のように
全ての人を慈しみ
平等にその光を分け与えてくれます

いつも優しい貴方は
私の神です
そして私は醜い
一匹の蝙蝠

いくら貴方の傍へ行きたくとも
貴方は私に眩しすぎる
いくら貴方の傍へ行きたくとも
貴方は私に美しすぎる

いつも輝く貴方は
私の神です
貴方の火で 貴方の光で
死ねというなら喜んで―

しかし、あぁ私の神よ
貴方はあまりにも美しく
私はあまりにも醜いのです

私が貴方の為に死ぬことすら
貴方を汚すことになるのです

いつも輝く貴方は
私の神です
貴方に仕えることもできず
貴方の為にこの身を捧げることもできないならば
せめて貴方の愛するものを
愛することをお許しください

貴方がいつも照らし続ける
月を愛することをお許しください

そしてこの私が
貴方を想い 眠れぬ夜は
月よどうか優しく唄って
神の声で優しく唄って…



眠れぬ夜に月は唄う