職安とメイドと小川

 生まれて初めて職安に行ってきました。
いかにも失業者とか日雇いっぽいおっちゃんやらがたむろしている所だと思ってたんですけど…
意外と、その辺のオニーチャンオネーチャンやら、オバチャンやら、スーツ姿のおっちゃんやらのほうが多かったです。
 フリーターが多いという証拠ですな。ほんと、不景気だねぇ。
とりあえず、二件ほど目星をつけて連絡をしてもらいました。
 しかし、二つとももう募集していないとのこと…職安のデータ、古すぎです。

 その後、公園でヴァイオリンの練習。
なぜか見知らぬおじさんに「弾いてるとこ、写真とってもいい?」といわれ、撮られることに。
 青×白ストライプ柄のクレリックシャツに赤いネクタイ、黒いキャスケットという出で立ちでヴァイオリンというのが絵になっていたのだろうか。

今日は一歩進んで「春の小川」が弾けるようになりました。

 そして、本日第二の初体験「メイド喫茶」に潜入してきました。
噂には聞いていましたがウェイトレスさんは全員メイドのカッコでした
 しかも「いらっしゃいませ」じゃなくて「お帰りなさいませ」と来たもんだ!
とりあえず、ダージリンティをミルクで頼んでみました。値段は安い方です。
 しかし、出て来たのは明らかにリ○トンのブレンドっぽいのでした。
しかも、茶葉が少なくてミルクティーはおろか、ストレートで飲むにも薄すぎでした。(当然淹れなおしを要求)
 メルヘンチックな内装とは裏腹に、店内はオタク風の怪しげな男と、彼らの発する汗のような臭気にあふれていました。

2004年05月06日 21時38分24秒

お仕事

 えー。実は新しい仕事決まりました〜。
すでに二週間経っていたりするのですが…
毎朝ラジオ体操したり、掃除したりと。
まぁ、なにやら清々しい感じでございますよ。
 あの、AirH"の電波が入んないのだけが不満だったりするんですけどね。

なんだか、キャラが濃い感じの人たちが多いです。なぜだろう。
特に凄いのが王さんという人。
年齢超不明のお兄さん側のおっちゃん風です。
初めて仕事を説明してもらう時
「……で、結構ですんで」とやたら腰が低い感じで、変わった人だとは思っていたのですが…
ゴキブリを素手で捕まえるというアンビリーバボーな人です。

 今日は出張のお土産らしき「倉敷すずめ」というお菓子をいただきましたが
全然すずめの形じゃないのでがっくりでした。

 小説はとうとうクライマックス…だとおもいます。
相変わらず公爵は、チョイ役感がぬぐえません。

2004年05月31日 17時25分44秒