あ・・・足が・・・(汗):記録者 月影澪斗

足が痛いよぅ(TxT)
昨日と今日、二日とも朝の8時から夜8時半まで立ちっぱなしだったので・・・足、むくんでます。(涙)
しかし・・・8時〜20時半って・・・12時間半も働いてることになるなぁ
労働基準法では一日の就労時間は8時間って定められてるのにな・・・。
(うちのSSは法律違反やね)

さて、話は急展開(笑)しますが、おとつい和歌山に行きました。
 しかし・・・噂にはきいていたけど・・・。
和歌山ってなんにもない!!
 とりあえず大きな駅があって(南海 和歌山市駅)
その周りにいくらか店やらなにやらあって・・・
ちょっと歩いたところに紀ノ川が流れてて
紀ノ川を越えるとそこはもう郊外なのです。(笑)
 うちもいいかげん田舎やし、いま住んでるところの前に住んでたところはもと田舎だったので
驚いたりはしなかったけど、やはり思わず「田舎やあ〜」と言ってしもたわ。
 前に住んでいたところは近所に山しかなくて、ガスはプロパン、トイレは汲み取りだった
けど、和歌山市郊外もそうらしい。
電車にのってるとき風景がうちの近所を走るローカル線にとても似ていたので
「もしやこれはデジャ・ヴ?」
と、思ってまいました。

 和歌山といえば紀州、紀州と言えば梅干し!
ちゅーわけで梅干しを求めて歩きましたが、結局見つからなかったので手ブラで帰りました。
 最終電車で帰ったのですが、途中で寝てしまい(笑)
目的の駅の次の駅で目覚め、親父に迎えにきてもらいました。
 ちょっとした旅行気分で面白かったので(特に終電が)また機会があれば和歌山に遊びにきたいです♪
 みなさんも和歌山に遊びに行きましょう!(何もないけど)

2000年03月03日 22時55分51秒

バイトさぼって・・・:記録者 月影澪斗

みなさんこんにちわ(笑)
タイトル通り、今日はバイトさぼりました(爆)
だってつまんないんだもん(笑)
んで、何してるかというと・・いつも通りネットです(爆)
メールとか書かなくちゃいけなかったのにバイトのせいで暇がなかった
 足の裏たこみたいになっちゃって・・・痛いしね。
人間無理は禁物だもんね〜〜(と、いって自分を正当化する)

 悩み相談のメールと後輩に贈るメッセージのメールを書き上げました。
めっちゃたいへんやったわ〜〜。
 あと、メールで小説送らないと駄目なんだよなぁ。ふぅ・・・。
みんな、メールは溜めるなよ。溜まりすぎると健康に悪いぜ。
適当に抜く・・・もとい出すように!
疲れたので今日はこの辺で。

2000年03月05日 13時01分42秒

お友達♪:記録者 月影澪斗

 今日、私が食事をしていると、電話がかかってきました。
「はい」
 と、でてみると、それは大阪の高槻という所に住む友人のさん(女性)でした。
彼女は今、定時制高校に通っていて頑張っている人で心に少し問題を抱えている人です。
  以前知人の芸術家が来日したので高槻に行った時、一度だけ会ったことのある女性です。
時折電話してきては学校でのことや恋人のことなど色々話してくれます。
 自分が言いたいことを解り易く人に話すのが苦手なようで、いつも苦労しながら彼女の話しを聞いています。
「もしもし・・・○○ですぅ」
と、いつも通り彼女のちょっと間延びした挨拶で始まる会話。
 おそらく、彼女ではなくて別の人間がこういう話し方をすれば苛々してしまうだろうに、彼女の場合はなぜか許せてしまう。
 独特のシュールアリズムを持った憎めない人格である。

 いつも通りのつかみ所のない話をはじめる彼女…しかし何かが<違っていた。
話の内容が決定的に暗い・・・いつもなら考えられない暗さである。
「なんかあったんか?」
と、私が聞くと、しばしして彼女は悩みを打ち明けた。
 聞くところによると恋人が借金をつくったらしい。
 それも一度目ではなく今回は二度目、はじめての時は彼女が借金を肩代わりしたらしい。
彼女は彼女のカウンセラーにそのことを打ち明けて
「もう手助けするな」と言われたらしい。
 そして、なにを悩んでいるのかと言うと
「始めに手助けをしたのは間違いだったのではないか」
と、いうことだそうだ。
 私は考えた・・・借金をしたのは恋人の責任であるから本人が支払わなければならない。
しかし、恋人が困っているのを助けたことは間違いとは言えない。
いうなればどちらも理にかなっているような気がするのだ。
 私が思うに、彼女は悪くない。
恋人の窮地を助けたいのは当然の心理であるし、おそらく私もそうするであろう。
 なにが悪いかと言えば恋人である。
彼女に助けてもらった事実を忘れて、反省するどころかまたも同じ過ちを犯しているのだ。
  私は言ってやった。
「一度は助けてやっても二度はするな、甘やかすこと、甘えることは楽ではあるけれど成長にはつながらない」と・・・。
もし、本当に恋人のことを思うなら突き放せと・・・。
 彼女は私の回答に納得したらしく、最後は明るい声になっていた。
そして、他愛もない話をし終えると、こう言った。
「こんな時間に愚痴につき合ってくれるのはあなただけ」
私が「友達だから当然」というとたいそう喜んでいた。
  ・・・友情っていいよね。

2000年03月06日 23時21分03秒

約束は守ろうね♪:記録者 相楽真琴

 今日は珍しく僕が日記かいています。(笑)
最近は月影君にまかせきりなので、どうやら影が薄くなっているようです。
 と、いうこともありますが、今日の月影君はとても機嫌が悪いようなので、僕がかいているのです。
 この日記を書き始める少し前、当の月影君から電話がありました。
はて、様子が変だな、と思っていると、どうやら少々飲んでいるようです。
僕「何を飲んでいるのですか?」
月「神戸ワイン・・・」
僕「おお〜、いかにも神戸人らしいですね」
 しかし、月影君がお酒を飲むのは少し珍しいことなのでこれは何かあったのだろうと思いました。
で、聞いてみると恋人と喧嘩したそうで・・・(笑)
僕「で・・・おつまみはなにを?」
月「チーズ・・・ってなんでやねん!」
僕「いやぁ、イタリア流のぼけですよぉ」
 さて、こういうやりとりの後、わけを聞いてみたところ
何やら恋人が約束を守らなかったことが原因とか・・・。

 恋人は午後6時からアルバイトがあるそうなので、昼の11時半ごろに
「そろそろ寝なさい」
(彼は6時から翌日1時までアルバイトなので昼前から寝る)
と言ったところ、彼は「もう少しだけ」と言ったそうです。
 彼の体のことは心配でしたが、仕方ないので月影君は
「じゃあ、12時までだよ、約束しなさい約束できないならいますぐ寝ろ」と、言ったところ
彼は「約束する」と言ったそうなのです。
 で、12時になり、月影君が「12時になったから寝なさい」
と、いうと「やることがあるからまだ寝られない」と言ったそう<です。
 月影君としては「やることがあるんならチャットなんかやめて<それだけをさっさとやって寝ろ」と、いうことなんですね。
 そこから話がややこしくなって、月影君は「約束したのに」と、怒ったそうです。
すると「守ろうとはしたけど守れなかった」と言うらしいのです。
で「守れるっていう確信はあったんか?」と、聞くと
「全然なかった」と・・・。
 これは問題ですねぇ、だっていうなれば
始めから守れないとわかっていながら約束した
と、いうことですから
やぶるつもりで約束したんですよねぇ、月影君にしてみれば
騙された、裏切られたっていう気持ちでしょうから・・・
まぁ、怒るのも当然です。
 で、怒ってヤケ酒(?)だ、そうです。
なぜかワインと一緒に赤いバラも購入したそうです。(謎)
きっとジャズ好きな彼女の脳裏に「酒とバラの日々」という曲名が浮かんだのでしょう( 笑)
 月影君。ヤケ酒はいけません。
あなたは飲んでも意識がはっきりしている方ですから飲んだところで忘れることなんて できないのです。
自分でわかっているんでしょう?仕方ない人ですね(笑)
 そして、月影君の恋人さん。
彼女の気持ちもわかってやりなさい。彼女は意外に心配性
なのです、ついでに言うとデリケートなところもあって傷つきやすい人なのです。
  特に「裏切り」に関しては潔癖なのです。
あんまり傷つけるようだと
僕がもらっちゃいますよ♪

以上、日記終了♪

2000年03月07日 23時00分35秒

今日も爽やかにお目覚め:記録者 月影澪斗

おはようございます、皆様。
ただいまの時間は午後3時ちょっとでございます。
はぁ〜、2時前まで寝てしまったよ、ちなみに就寝時間は午前3時ごろです。
よく考えたら11時間も寝ていたことになるな・・・。
b寝すぎ!!
そういうわけで
今は気付けに神戸ワイン入の紅茶を飲んでいます。
 紅茶にブランデーを入れると香りが増してうまいんだぞ。
しかし・・・このままいけば紅茶に入れずにそのまま飲みそうで危険だ・・・。
と、いいつつ・・・新たに紅茶を入れる澪斗なのでした(笑)

 さてさて、先日の熾烈な闘い(恋人との喧嘩)も収束し
所長のちょっと笑えないギャグ(戦線布告?)も忘れかけた今日この頃。
 私は次のバイトのためにこそこそと戦闘体勢にはいる。
次なるバイトは「家庭教師」なり。
一応、家庭教師派遣センターみたなもんに登録はした・・・が仕事依頼が来る見込みがなので、個人で活動することに決定。
自分で広告をつくってせっせと張る。
日時自給要相談ってことで普通の家庭教師派遣センター>よりはずっと安くするつもりです。
 しかし・・・何分こちらは未経験者なのでどうなることか見当もつかない。
ま、なんとかなるさ・・・気楽に行こう!

と、いいつつワイン入り紅茶をあおる澪斗なのであった・・・
(いまからバイトなのに・・・)

2000年03月10日 15時33分19秒