体のコトバに耳を貸す

最近、わからないことが多すぎてちょっとした恐慌状態である。
 久々にカードをめくってみた…本来、自分のためにめくることは無いのだけど。
現状維持か、能動的変化か…自分の中でせめぎ合っている二つは、どちらも同じくらい望んでいることだ。

 現状維持という選択は、今後も激しい迷い、心的ストレスによる疲弊
アクシデントを伴い、かなりの転落の後、最終的には回復の方向に進むと出た。
 能動的変化という選択は、現在の憂いは払拭されるが、精神的変化
一時の挫折が訪れる、しかし最終的には好転すると出た。

どちらがよいのか…やはりわからなかった。

信じたい気持ちと疑念がとぐろを巻いているような状態は、精神衛生上よくない。
このところの自分の行動を振り返る。
心が安定しているときは何をしているときか?

転居について計画を立てているときだ。

 私の体は変化を求めている。
なんとなく、気持ちが決まった。

私は「止まれば死ぬ」のかもしれない。
精神的に早熟すぎて、なんとなく停滞していたが…実際はまだ若いのだ。
止まるには早すぎる。

2004年10月05日

秋うらら

上々の秋晴れで気分すっきりである。
ちゅーわけで、今日はサングラスだけで自転車に乗ることに。
普段はおんもは日光が怖いよぉ〜ぅ(((゜д゜)))ガクガクブルブルというわけで
覆面+帽子+頭巾+サングラスという重装備(て言うか怪しい)なのだけど…
ちょいと秋風に吹かれてみようかなーなどと思ったわけです。

ええ、吹かれましたとも!
強烈な向かい風に!!

昼頃、会社のF氏が出かける準備をしていた
「お弁当どうしますか〜?(´∀`)」
「あー…処理してもらっていいわー(´ー`)」
「わっかりました!『処理』させていただきます(*゜∀゜)ゞ」
 お昼のおかずゲット。

なんだか色々とラッキーな気のする日である。

2004年10月05日